鷹栖地区住民センター
Takasu District Residents Center

2019
北海道上川郡鷹栖町

構  造:鉄筋コンクリート造 + 木造
階  数:地上1階
延床面積:2,060㎡

山脇克彦建築構造設計( 構造設計 )
アトリエブンク + 総合設備計画( 設備設計 )
アトリエブンク + プラッツ( 外構設計 )

北海道内陸の旭川市に隣接する鷹栖町は、旭川のベッドタウンとしてふたつの地区が市街地を形成し、3つの地区が農村部に点在する。本計画は中心市街地にある鷹栖地区の住民センターの建て替え計画である。鷹栖地区の公民館機能を保持しつつ、すべての鷹栖町民が利用できる図書館機能を兼ね備え、多世代が交流できる新たなまちの拠点とすることが目論まれた。
建物はホールを中央としたコンパクトな平屋で、周囲の住宅スケールに合わせた配置計画とした。四周に回した深い庇が雪から来館者を守り、どの方向からも迎え入れる。堆雪と滑雪、採光を考慮して決定した勾配屋根は隣り合う住宅地に溶け込み、金属板が季節や時間の変化を映し出す。
シンプルな矩計平面に大きな中庭をくり貫き、公民館機能と図書館機能が中庭を介して一体的に繋がる計画とした。自然光が回り込む中庭周囲に居場所を散在させ、町民が自由に過ごすことができる。
構造は、鉄筋コンクリート造のホールを間に挟むことで全体面積の2/3を木造で実現している。大空間で遮音性が求められるホール、異なる活動に対応する会議室や多目的活動室、天井が高いワンルームの図書室といった機能に応じて、それぞれ異なる架構形式を採用した。道内産カラマツ材による架構とカラマツ合板を使った内装で全体を統一し、ガラススクリーンによって空間を連続させている。
厚い外皮に覆われた矩形平面の中で木造架構と自然光が奥行きのある空間をつくり、建築内部全体で活動が展開する建築を目指した。

新建築2019年5月号
新・建築設計資料01